2010年03月23日

降圧配合剤レザルタス、売り上げ目標500億円―第一三共(医療介護CBニュース)

 第一三共の医薬営業本部プロダクトマーケティング部長の寺野伸一氏は3月17日、1月に承認を取得したARBとCa拮抗剤の降圧配合剤レザルタス(一般名=オルメサルタン/アゼルニジピン)のメディアワークショップで、ARBとCa拮抗剤の配合剤市場で売り上げシェアナンバー1を目指す考えを明らかにし、売り上げ目標を「500億円近く」とした。

 同じくARBとCa拮抗剤の降圧配合剤として1月に承認を受けたノバルティスファーマのエックスフォージ(バルサルタン/アムロジピン)との差別化については、降圧効果の持続性を示したABPM試験の結果がキラーデータになるとの見解を示したほか、現在実施中の追加試験についても、差別化の材料になるとした。

 情報提供については、ほぼ全員のMR2400人体制で行う。レザルタスは、オルメサルタンやアゼルニジピンを併用、またはいずれか1つを使用し、効果が不十分な場合に推奨される。配合剤には、服薬錠数を減らし、処方を単純化することで服薬アドヒアランスの改善につながるという臨床上のメリットがある。


【関連記事】
高脂血症・高血圧・うつ病3剤で1千億円へ―塩野義
第一三共が中期経営計画を策定
医療用医薬品市場、7.2%の高成長
「高血圧」で医療機関未受診が約半数
国内初のGLP―1受容体作動薬の承認を了承―薬事分科会

日中韓「今まで以上に良好に」=東アジア共同体の意義強調−鳩山首相(時事通信)
「エコポイントは私の理論」??? 巨額詐欺事件のL&G元会長(産経新聞)
野焼きの男性3人死亡=強風下作業、炎に巻かれる−陸自東富士演習場・静岡(時事通信)
覚せい剤1キロ密輸容疑、瀋陽空港で日本人逮捕(読売新聞)
「住宅」のまま用途変更せず=グループホーム火災−札幌市(時事通信)
posted by アサバ マサジ at 23:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。