2010年05月29日

マンション火災、45歳会社員死亡 大阪・和泉(産経新聞)

posted by アサバ マサジ at 18:43| Comment(23) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

新社会人に聞く、結婚・出世はいつごろに?(Business Media 誠)

 いま働いている会社は、就職活動時に第何希望でしたか? 4月から働き始めた新社会人に聞いたところ「第一希望」(41.9%)と答えた人は4割を超えていることが、マクロミルの調査で分かった。

【拡大画像や他の調査結果を含む記事】

 ただ昨年の調査と比べると、今年は「第一希望」に入社した人が7ポイント減少。その一方「第四希望」に入社した人が9ポイント増加しており、「不況下での就職活動の影響がうかがえた」(マクロミル)としている。

 就職先を選んだ理由を聞いたところ「仕事内容」(64.5%)と答えた人が最も多かった。このほか「業種」(43.2%)、「社風・雰囲気」(42.6%)、「勤務地・立地」(30.0%)、「待遇(手当や福利厚生)」(29.1%)と続いた。

 また就職先に「満足している」と答えた人は74.2%。一方「不満である」は9.5%。2008年、2009年に行った調査と比べると「満足している」と答えた人が年々増加していることが分かった。

●就職先の満足しているポイント

 現在働いている会社に満足しているポイントは何だろうか。就職先に「満足している」と答えた人に聞いたところ「職場の人間関係が良い」(61.9%)と答えた人が最も多かった。以下「職場の雰囲気が自分に合う」(54.3%)、「勤務先の立地が良い」(38.6%)、「福利厚生が良い」(32.1%)、「研修内容が充実している」(29.0%)と続いた。男女別で見てみると、男性は「福利厚生が良い」「昇給が期待できる」と答えた人が多く、一方の女性は「職場の人間関係が良い」「職場の雰囲気が自分に合う」「勤務先の立地が良い」と回答した人が目立った。

 就職先に「不満である」と答えた人に、その理由を聞いたところ「給与が少ない」(49.0%)と答えた人がトップ。このほか「残業が多い」「昇給が期待できない」(いずれも38.8%)、「有給休暇が取得しづらい」(36.7%)、「職場の人間関係が難しい」(34.7%)という結果に。

●新社会人の人生設計

 新社会人はどのような人生設計を描いているのだろうか。結婚、預貯金、出世などの項目について聞いたところ、男性は24.8歳で「預貯金100万円」を達成し、27.7歳で「結婚」を望んでいることが明らかに。そして29.0歳で「第一子誕生」、29.8歳で「主任・係長クラスに昇進」と「家族を持って、出世や経済面でもワンランクアップして30代を迎えたい様子がうかがえた」(マクロミル)。ただ40%の人は「転職」を考えており、その平均年齢は29.6歳だった。

 また35.1歳には「マイホームを取得」し、36.1歳で「課長クラスに昇進」、43.0歳で「部長クラスに昇進」を希望している人が目立った。そして、38.4%の人は51.9歳で「社長になる」と答えた。

 女性は25.2歳で「預貯金100万円」を達成し、27.0歳で「結婚」を望んでいる人が多かった。そして28.4歳で「第一子誕生」、30.4歳で「主任・係長クラス昇進」を考えている一方で、35%の人は30.0歳で「転職」を検討しているようだ。全体的に男性の人生設計と似ているが、出世したいと考えている女性は男性よりも早い昇進を望んでいることが明らかに。

 また寿退社を望んでいる女性は、25.1歳で「預貯金100万円」を貯め、26.2歳で「結婚」。そして27.5歳で「第一子誕生」、29.7歳で「第二子誕生」を考えているようだ。「寿退社を望んでいる人は、若い年齢で結婚・出産し、早期の住宅購入や預貯金額の達成を望んでいる人が多いという結果に」(マクロミル)

 インターネットによる調査で、2010年に新社会人になった会社員・公務員516人が回答した。調査期間は5月7日から5月9日まで。

【関連記事】
もう限界かもしれない……“ブラック企業リスト”の実態
「会社を辞めたい」と感じているのは、どの業種で働いている人?
ここでは働きたくないなあ……と大学生が思う業界
なぜ30代前半になると、“ゆきづまって”くるのだろうか
ひょっとして……“バブル組”に苦しめられていませんか?

沖ノ鳥島など離島保全法が成立(産経新聞)
「宝くじ販売停止」ヤジと拍手わく興奮状態(産経新聞)
<民主党>俳優・原田大二郎氏ら公認 参院選(毎日新聞)
女生徒連絡先、捜査資料から入手=わいせつ容疑の警部補―新潟県警(時事通信)
「夢が…」宝くじ販売停止判定でファン悲しむ(産経新聞)
posted by アサバ マサジ at 17:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

13年までに「国民ID制」導入=法制整備も明記−IT戦略本部(時事通信)

 政府のIT(情報技術)戦略本部が11日、首相官邸で開かれ、利便性の高い行政サービス実現に向けた今後10年間の対処方針を決めた。行政手続きを簡素化するため、国民全員に番号を付与する「国民ID制度」を2013年までに導入することなどが柱。社会保障と税の共通番号制度との連携も視野に入れ、実現を急ぐ。
 対処方針には(1)コンビニエンスストアや郵便局に行政端末を設置し、住民票などをいつでも取得できるサービスの開始(2)過去の診療履歴を基に、全国の病院で適切な医療を受けられる「どこでもMY病院」のシステムの構築−も盛り込んだ。住民票サービスは、3年後に国民の半数以上が利用できるようにする。
 IT活用のために各分野の規制を緩和する「情報通信利活用促進一括化法」(仮称)の制定検討も打ち出した。 

バラ 甘い香り満開 名古屋・鶴舞公園(毎日新聞)
<ハンスト>茨城・入管センターの収容者70人、待遇改善訴え(毎日新聞)
ブラジルに「平和資料館」…長崎の被爆者ら(読売新聞)
沖縄 平和行進スタート 名護市長も出席(毎日新聞)
仕分け余波、国道利用者に欠陥通報求める(読売新聞)
posted by アサバ マサジ at 23:16| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。