2010年05月13日

「ソフト闇金」跋扈 改正貸金業法、来月施行 総量規制で受け皿に?(産経新聞)

 ■「客が来るのは自明の理」

 貸金業者からの借入額を制限する「総量規制」を定めた改正貸金業法が6月に施行されるのを前に、暴力的な借金の取り立て行為を行わない「ソフト闇金融業者」の存在が目立ち始めた。総量規制によって、こうした業者が生活に困った利用者の受け皿になる恐れが指摘されている。警察当局は「客のすそ野を広げようとする新たな手口」とみており、従来の闇金業者とともに、ソフト闇金の動向を注視している。(福田涼太郎)

  [グラフで見る]零細事業者のつなぎ資金の調達先

 ▼半数が規制対象

 日本貸金業協会(東京都港区)によると、消費者金融などの利用者数は2月末現在で国内人口の約10分の1となる約1300万人。そのうち「約半数が総量規制の対象に該当する」(同協会)という。

 総量規制は、多重債務問題の解消を図るため、貸金業者からの借入金総額を年収の3分の1に制限するもの。このため、総量規制を上回る金が必要な利用者が、闇金に走る危険性がこれまでも指摘されてきた。

 実際、融資審査で認められず、希望額を借り入れられなかった利用者に対する昨年度の追跡調査では「闇金など非正規の業者を探した」との回答が寄せられていた。借金問題に詳しい中原俊明弁護士は「こうした人たちが今後は問題になってくる。新規借り入れができなくなれば、どうしていいか分からず安易に闇金に手を出す人も増える」と指摘する。

 ▼暴力打ち消し

 闇金業者に手を出すことで最も懸念されるのが、利用者に対する借金の取り立ての厳しさだ。利用者の債務整理を引き受けた中原弁護士自身も、さまざまな嫌がらせを受けてきた。「取り立てが厳しいために、利用者が自ら命を絶ったり、犯罪に走ったりすることもあり得る。闇金だけには手を出してはならない」と訴える。

 一方で警察関係者によると、こうした暴力的なイメージを打ち消すソフト闇金が、このところ増加。これまでのように借金の取り立てを厳しくしたり、利用者を追い込んだりせず、柔和な対応をするのが特徴だ。

 ソフト闇金業者は、貸せるだけ貸した後、債権を別の闇金業者などに転売する。利用者には、いずれ転売先から暴力的な取り立てが始まるという。入り口はソフトだが、暴力的な闇金業者への“つなぎ役”のような存在でもある。警察関係者は「今も多くの闇金業者がはびこっているが、世間のイメージもあって従来の闇金には客が付きにくくなっている。そこで一部の業者が、ソフトな業態に変えて客を呼び込もうとしているようだ」と話す。

 警察白書によると、平成11〜20年の闇金融事犯の摘発件数は、15年の556件をピークに18年は323件に減った。しかし、19年から再び400件台に高止まっており、活発化の兆しを見せている。

 警視庁など警察当局は、総量規制によって活発化するとみられる一連の闇金業者について、警戒を強める構えだ。

 ▼融資審査が厳格化

 6月18日に施行される改正法では総量規制のほか、貸し付けの上限金利が約29%から20%まで引き下げられる。これまでは「返済能力が低い」と審査されても高金利で借りることができたが、それができなくなるため審査は厳しくなる。

 アコム、アイフル、プロミスなど大手消費者金融は、19年から新規借り入れを申し込んだ利用者に対しては、前倒しで上限金利約18%を前提とした審査を実施。「これまで融資が可能だった人が現実的に困難になっていることもある」(アコム担当者)という。

 急激な審査基準の厳格化には利用者から批判や戸惑いの声も上がっているが、日本貸金業協会の水落恒(ひさし)・企画調査部長は「貸金業もビジネスであって高リスクの融資はできない。生活困窮者は社会制度の中で助けるべきだ」と業界の厳しい経営環境を訴える。

 大手の審査厳格化や総量規制によって、“ビジネスチャンス”を迎えている闇金業者。都内のある業者は「客がこちらに流れてくるのは自明の理」とほくそ笑んでおり、改正法施行後の情勢は混沌(こんとん)としそうだ。

【関連記事】
「主婦借りられない」 内閣府政策会議、貸金業法改正に懸念続出
ヤミ金利用、7人に1人が「仕方ない」 大阪府、全国初の調査
暗躍するヤミ金 事業者金融消え…後釜に
消える貸金業者…借りたくても借りられない
「ヤミ金借金返せず」通帳など詐取容疑の職員を逮捕
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

水上バイクで2人死亡=1人不明、利根川で−茨城(時事通信)
<鈴鹿2億円強奪>2被告に懲役25年、20年を求刑(毎日新聞)
詰め寄られ「県内」「徳之島」沖縄でも迷走(読売新聞)
親類の犯行か、兵庫・西宮で身柄確保 京都・長岡京の夫婦刺殺(産経新聞)
大阪ブドウもう一度 大阪・羽曳野・駒ケ谷地区 復権へ耕作放棄地を再生(産経新聞)
posted by アサバ マサジ at 17:53| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

<ニュース1週間>普天間移設、首相「県外」断念表明/石川遼、ツアー新の58で逆転V(毎日新聞)

 今週(5月1〜7日)のニュースをまとめた。

【写真特集】現状の普天間基地はなぜ問題か 写真でみる

 ◇普天間移設、首相「県外」断念表明

 鳩山由紀夫首相は4日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り、就任以来初めて沖縄県を訪問し、仲井真弘多知事、名護市の稲嶺進市長らと相次いで会談した。稲嶺市長との会談で、首相は「県外を模索してきたが、あまり遠いところに移設地を求めることはできない。辺野古の海を汚さない形での決着を模索していくことが重要だ」と述べ、キャンプ・シュワブの沿岸部(同県名護市辺野古)か沖合に「くい打ち桟橋」(QIP)方式で滑走路を建設する案を念頭に、県内移設の方針を伝えた。市長は「到底受け入れられるものではない」と拒否した。首相の発言は、「最低でも県外」としてきた「公約」を断念するもので、地元や社民党は反発している。

 ◇ギリシャ支援、過去最大14兆円融資決定

 欧州連合(EU)のユーロ圏16カ国は2日夕、ブリュッセルで緊急財務相会合を開き、財政危機に陥ったギリシャに対し、今後3年間で総額1100億ユーロ(約14兆円=2日現在)の融資を国際通貨基金(IMF)と共同で実施することを決めた。融資規模は97年のアジア危機などを抜いて過去最大となる。EUはギリシャへの金融支援の発動によってユーロ防衛の決意を示し、危機が他のユーロ加盟国に飛び火する事態の回避を目指す。

 ギリシャ国会は6日、欧州諸国と国際通貨基金(IMF)から3年間で総額1100億ユーロの大規模融資を受ける条件となる政府提出の財政再建関連法案を可決した。法案には公務員給与や年金の削減、増税などが盛り込まれ、財政危機脱出のための荒療治といえるが、国民生活を疲弊させ、デフレにより債務状況をさらに悪化させる危険もある。

 ◇首相、水俣病の国の責任認め謝罪

 水俣病は1956年5月1日の公式確認から54年を迎え、1日午後1時半から熊本県水俣市の水俣病慰霊碑前で犠牲者慰霊式が営まれた。鳩山由紀夫首相は歴代首相として初めて参列し、被害拡大を防げなかった国の責任を認めて謝罪した。昨年7月に成立した水俣病被害者救済特別措置法(特措法)に基づく救済手続き受け付けも1日から始まった。

 ◇金総書記が中国主席と会談

 中国の国営メディアは7日午前、北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記が3日から7日に中国を非公式訪問し、北京で胡錦濤国家主席と会談したと報じた。新華社通信によると、両首脳は朝鮮半島非核化に向けた6カ国協議プロセスの進展のため各国が積極的に努力すべきだとの考えで一致。金総書記は6カ国協議再開のため関係国とともに有利な条件を作りたいと述べた。今回の金総書記の訪中が中国メディアで公式に確認されるのは初めて。北朝鮮の朝鮮中央通信も7日、金総書記の訪中を初めて報じた。

 ◇もんじゅ14年ぶり運転再開

 1995年12月のナトリウム漏れ事故で停止していた日本原子力研究開発機構(原子力機構)の高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市、28万キロワット)が6日午前、運転を再開した。火災による停止から14年5カ月。原子力施設では世界でも異例となる長期の運転停止期間を経て、核燃料サイクルの中核施設が動き出した。もんじゅは85年に着工、出力40%で運転中の95年12月8日に火災が起き、原子力機構の前身の旧動力炉・核燃料開発事業団(動燃)が、事故直後に現場を撮影したビデオの一部をカットして公表。「情報隠し」と強い批判を受けた。

 ◇石川遼、ツアー新の58で逆転V

 男子プロゴルフツアーの中日クラウンズ最終日が2日、愛知県東郷町の名古屋ゴルフ倶楽部和合コース(6545ヤード、パー70)であり、石川遼(18)=パナソニック=が、現行のツアー制度が施行された73年以降最少スコアの58をマーク。通算13アンダーで前日トップの丸山茂樹との6打差を逆転して今季初優勝した。従来の国内ツアーの18ホール最少記録は03年に倉本昌弘がマークした59。世界主要ツアーの最少スコアは米国が59、欧州が60。ツアー以外では丸山が00年全米オープンへの出場権がかかった最終予選で58をマークした。この日の12バーディーと、前半9ホールの28も国内ツアータイ。

 ◇宮里藍が米ツアー今季3勝目

 米女子ゴルフツアーのトレスマリアス選手権は2日、メキシコ南部モレリアのトレスマリアスGC(パー73)で最終ラウンドを行い、単独首位でスタートした宮里藍が67をマークし通算19アンダーの273で逃げ切った。今季3勝目、通算4勝目。優勝賞金19万5000ドル(約1830万円)を獲得し、賞金ランキング首位に浮上した。米女子ツアーでの日本人選手のシーズン3勝は、通算17勝を挙げた岡本綾子の88年以来で2人目。

 ◇福島が二百で日本新、日本女子で初の22秒台

 陸上の静岡国際は3日、静岡・エコパスタジアムで行われ、女子二百メートル決勝は、福島千里(北海道ハイテクAC)が22秒89(向かい風0.2メートル)の日本新記録を樹立し、3連覇を果たした。福島は、昨年6月の日本選手権で自身がマークした日本記録を0秒11更新。日本女子で初めて22秒台に突入した。福島は4月29日の織田幹雄記念国際大会でも女子百メートルで11秒21(追い風1.7メートル)の日本新記録を打ち立てた。

【関連ニュース】
【写真で見る】石川遼、驚異の「1日で12アンダー」
【巨額支援の中身は】14兆円規模ギリシャ支援 3分の2をユーロ圏諸国、3分の1をIMFが分担
【写真特集】しなやか、伸びやかなフォーム  福島千里のあゆみ
【ニュースが分かる】核燃料サイクル トラブル続き 見えない先行き

もんじゅ「再起動」 技術蓄積へ歩み再び(産経新聞)
元夫を遺棄容疑で逮捕=殺害も示唆、空き家の女性遺体−静岡県警(時事通信)
念仏唱え続け…不明の80歳女性、自力で下山(読売新聞)
水上バイクで2人死亡=1人不明、利根川で−茨城(時事通信)
京都の点滴混入事件、きょうから裁判員裁判(産経新聞)
posted by アサバ マサジ at 22:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。