2010年05月18日

13年までに「国民ID制」導入=法制整備も明記−IT戦略本部(時事通信)

 政府のIT(情報技術)戦略本部が11日、首相官邸で開かれ、利便性の高い行政サービス実現に向けた今後10年間の対処方針を決めた。行政手続きを簡素化するため、国民全員に番号を付与する「国民ID制度」を2013年までに導入することなどが柱。社会保障と税の共通番号制度との連携も視野に入れ、実現を急ぐ。
 対処方針には(1)コンビニエンスストアや郵便局に行政端末を設置し、住民票などをいつでも取得できるサービスの開始(2)過去の診療履歴を基に、全国の病院で適切な医療を受けられる「どこでもMY病院」のシステムの構築−も盛り込んだ。住民票サービスは、3年後に国民の半数以上が利用できるようにする。
 IT活用のために各分野の規制を緩和する「情報通信利活用促進一括化法」(仮称)の制定検討も打ち出した。 

バラ 甘い香り満開 名古屋・鶴舞公園(毎日新聞)
<ハンスト>茨城・入管センターの収容者70人、待遇改善訴え(毎日新聞)
ブラジルに「平和資料館」…長崎の被爆者ら(読売新聞)
沖縄 平和行進スタート 名護市長も出席(毎日新聞)
仕分け余波、国道利用者に欠陥通報求める(読売新聞)
posted by アサバ マサジ at 23:16| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。