2010年01月30日

小沢氏進退、選挙最優先で判断を=野田副大臣が言及(時事通信)

 野田佳彦財務副大臣は29日、TBSテレビの番組収録で、元秘書らが政治資金規正法違反容疑で逮捕された小沢一郎民主党幹事長の進退について「(夏の)参院選で安定政権になることが一番の大命題。その大命題に沿った判断を何かの事実があったときにすることだ」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜東京地検、小沢事務所から2000万円押収〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜

<中津川5人殺害>2審も原被告に無期判決 名古屋高裁(毎日新聞)
山口・防府豪雨から半年 重源教えの湯、再開へ 住民らが石風呂復旧 (産経新聞)
一足早く「鬼は外」和歌山・補陀洛山寺(産経新聞)
47歳左官の男逮捕=ひき逃げ24キロ引きずり事件−北海道警(時事通信)
学校爆破予告メールは「何となく」 27校休校、容疑の男子中学生逮捕(産経新聞)
posted by アサバ マサジ at 11:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。